今野製作所

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせは03-3890-3406 営業時間  9:00~17:00 休日:土曜、日曜、祝日

メールでのお問い合わせはこちら

考案者の声

考案者の声

株式会社 今野製作所 代表取締役 今野浩好私は幼少の頃から、車いす生活となりました。私が青春時代を過ごした頃の日本はまだ貧しく、高度経済成長期の途上国でした。その頃の多くの若者の夢は、「いつかマイカーを持って、自由にドライブしたい」というものでしたが、私もそんな若者の一人だったのです。私の最初の夢、すなわち運転免許証を取得したのは1968年、いまから45年以上も前のことです。道路交通法が改正され、日本で下肢障害者の自動車運転が認められて、まだ数年のことでした。

自分専用に改造した車で運転できるようになった私は、当初は運転できるだけで満足でした。しかし次第に、新たな要望を持つようになりました。それは、改造しない通常の車が運転できないものだろうか。運転手の役割を、健常者とごく自然にシェアできないかということです。どういうことかと言うと、仕事においては、会社の営業車で同僚と出張することもあるでしょう。友人と旅行に出かけ、目的地でレンタカーを借りることもあるでしょう。そんなときに、一緒にいる同僚や友人にこう言ってみたかったのです。「運転を交代するよ!」と。

私に芽生えた「新しい夢」を実現するためには、必要なときに、簡単に車に装着できる運転補助具が必要でした。私には、長年研究してきた自動者運転装置に関するノウハウと、自らの運転体験、そして多くの障害者仲間から寄せられた声がありました。こうした経験・ノウハウをもとに、今野製作所の技術スタッフとともに、2005年、新しいアイデアの製品化に着手したのです。

そして、2009年、私の長年の念願が叶い、晴れて正式発売をスタートすることができました。ここに、SWORDをみなさまにご紹介できることを、心から嬉しく、また誇りに思います。そして、日本の50年に渡る下肢障害車の自動者運転の歴史の中から生まれたこの装置が、日本のみならず海外のみなさまにも、特にまだ障害を持った人々の自動者運転が十分に普及していない国や地域のみなさまに将来役立っていくことができたらと、心から願っております。

Dear friends

I have been with my wheel chairs in most of my life since childhood. When I grew up, Japan was not a “developed” country yet, but rapidly growing. Most of young people in Japan at that time wished to have their own car and drive freely wherever they wish to go. And so did I. My first dream came true when I was able to obtain my driver’s license more than 40 years ago, just several years after the government permitted those who had disabilities in their lower limbs to drive.

Although the cars that I was allowed to drive were all specifically modified vehicles, I was just happy at the beginning that I was able to drive by myself. But, gradually I built up my new dream that I wish to drive a regular car without any modification and to share driver’s role with persons without disabilities. For example, you might drive your companies’ car for your business with your colleagues. Or, you might rent a car for your pleasure trips with your friends.
In those situations, I had just wanted to say to my colleagues or friends, “Shall I take it over?”

In order to make my new dream come true, I came up with an idea of an attachable driving aid device. With my life-long experience based knowledge on disabilities’ driving coupled with voiced needs from many people with lower limb disabilities I began to co-work with Mr.Konno and his technical staff of Konno Corporation to productize my idea of attachable driving aid device in 2008. Eventually, my dream came true in 2013 when “SWORD” was released to the market. I am now very happy and so honored to have this opportunity to introduce “SWORD” to you. It is my great hope that this device will enable as many people with lower limb disabilities as possible to enjoy driving with regular cars and drive freely wherever they want to go.

Katsuyoshi Ochiai
President of IR-care co.,ltd.

落合克良氏

1946年11月、東京生まれ。幼少期より脊椎カリエスにより車いす生活を送る。
下肢障害を持ちながらも、障害者のための住宅のリフォームや、福祉介護用品の販売会社、あい・あーる・けあ(株)の社長として活躍。障害者の自立を支援する数々の商品を考案。
2010年、手動運転装置の開発の功績が認められ、内閣府より「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」を受賞。

ページ
TOPへ

Copyright © 株式会社今野製作所 All Rights Reserved.